本文へスキップ

講習会・イベント(県内)STUDY





オンライン講座STUDY



RDD2023 in OKINAWA

【日時】2023年2月28日(火曜日)14:00~16:00
【場所】沖縄県総合福祉センター402研修室(那覇市首里石嶺町4丁目373-1東棟4階)
【対象】難病当事者・家族、保健師、介護支援専門員、相談支援専門員、
    市町村障害福祉課、難病について関心のある方
【演者】里中 利恵 氏(日本ALS協会副会長・同鹿児島県支部事務局長)
【参加費】無料
【参加方法】会場・オンライン(どちらでも可)(※会場参加人数:最大30名)
【申込締切】2023年2月15日(水曜日)17時まで
【その他】個別相談(※希望者は事前申し込み必須)
【共催】日本ASL協会沖縄県支部
【申込方法】http://www.ambitious.or.jp/support/rdd/2023/
     ※アンビシャスホームページ内のGoogleフォームよりお申込みください。
【お問い合わせ先】沖縄県難病相談支援センター(認定NPO法人アンビシャス)
         TEL:098-951-0567

 詳細


ケアマネに足りない視点ってなに?~多職種による適切なケアマネジメント~

 開催日時:令和5年2月8日(水)もしくは9日(木) 13:00~15:30
 開催方法:ZOOMミーティングによるオンライン開催
 受講料:無料
 申込締切日:令和5年1月23日(月)17:00必着

 詳細① 詳細②


日本コミュニケーション障害学会第68回講習会 「進行性失語を学ぶ」

1.配信期間:2023年2月3日(金) 900  〜 2月26日(日)2300
2.形式:オンデマンド配信(配信期間中は何度でも視聴できます)
3.講師:小森 憲治郎 先生(愛媛県認知症疾患医療センター 十全ユリノキ病院)
4.講義内容:約30分の動画計8本を配信する予定です。
   進行性失語とは
   意味性認知症の語義失語
   意味性認知症の失語以外の症状 —右半球優位の症状や神経精神学的症状について—
   進行性失語の経過 —とくに進行していく中での長期の関わり、リハビリテーション—
   意味性認知症(と前頭側頭型認知症)の診察での体制、チーム作り、支援について
   Q & A —皆様からいただいたご質問にお答えします—

※ 内容に変更があるかもしれません。ご了承ください。
5.定 員:100名 (定員になり次第、締め切ります)
6.参加費:会員3,000円、非会員6,000円、学生2,000
  ※ 申し込み1名につき、システム手数料220円が参加費に加算されます。
7.申込締切:20231月28日(金)
8.申し込み方法 イベントペイ
詳細 

完全側臥位から前傾座位へ

日時:2023年1月21日(土)14:00~15:30
内容 講師:健和会病院 栗澤祥平言語聴覚士
完全側臥位から姿勢を変えるときの注意点を解説していただきます。多くの場合完全側臥位は通過点です。座位へと移るときの考えと評価の方法を詳しく解説していただきます。
【60分の講義】30分の質疑応答
・完全側臥位法の原理
・評価方法
・姿勢変更のタイミング
・姿勢変更時の評価
内容は変更することがあります。

申込み:ホームページよりオンラインで申込み
https://bit.ly/3BKQrgZ

会場:Zoom
参加費:3,300円(税込)
問合せ:(株)甲南医療器研究所 TEL:078-651-3819


お問い合わせ

一般社団法人沖縄県言語聴覚士会

901-2424
沖縄県中城村南上原365-13 
 
kid'sデイ あうる内

E-mail:jimu@st-okinawa.org

Fax:098-901-4557